Top >  ナチュラルなアンチエイジング手法 >  アンチエイジング〜若い肌と熟した肌の違い

PICK UP

美容上級者はオイル派が常識。
NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」

安心・信頼の有機栽培・純度100%の高品質ホホバオイルです。目指すのは、しっとり、ハリがあり、くすみのない明るい肌。

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

アンチエイジング〜若い肌と熟した肌の違い

若い人の肌と年を重ねた肌では、何がどう違うのでしょうか。20歳ころの肌といえば、きめが細かくパンとした張りがありましたよね。頬を手でつかんだら、張りがあるため少ししかつかめなかったものが、今は大きくしっかりとつかめたりしませんか?昔はどちらかというとつり目できつい印象を受けられがちだったのが、瞼が垂れ気味になってきて、なんとなく優しいイメージになったという方も多いのではないでしょうか。優しいイメージになるのは嬉しいことですが、しまりがなくなるのは悲しいですよね。化粧ののりも、昔はさっとできていたのに、しわやたるみのせいで、今ひとつ決まらない・・・。これらは、加齢により肌の新陳代謝が悪くなったり、また紫外線によるダメージや、ストレスなどで血流が悪くなるなどが重なり、いつの真にかしわ、しみ、たるみ、くすみができていてしまうというものです。

こうなってしまった肌を20代の頃の肌に戻すことはできませんが、老化を遅くして、時計の針を少し逆に回すことは可能です。日頃から、アンチエイジングを意識して、身近にできることから始めてみましょう。どんなことでも遅いということはありません。若い60代、70代が増えていくよう、いい年の取り方をしたいものですね。

 <  前の記事 フェイササイズ〜顔筋トレ  |  トップページ  |  次の記事 フェイササイズのワンポイントレッスン  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ナチュラルアンチエイジング」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。